Ideapad 110の評判が良いらしい

  • 投稿日:

Lenovoから発売されているIdeapad 110の評判が良いようです。
従来のモデルよりもタッチ操作やマウス操作がさらに使いやすく進化したという
この1台はスタート画面に電源ボタンと検索ボタン、
ストアアプリに終了ボタンが追加されています。
今まで以上に各種作業がしやすくなっているのがポイントですね。

ワイヤレスネットワーク接続が標準で
高速通信が可能なIEEE802.11ac/b/g/nに準拠した
ワイヤレスLANとBluetooth™4.0を内蔵しています。
これによって無線ネットワークへの接続が簡単でとても早く
快適なインターネット生活を実現します。

小さいながらも光学ドライブを内蔵しているので
外付け光学ドライブを持ち歩く必要はありません。
これ1台あれば寝室でDVDを見るのも
各種データをCD-RWに保存するのも簡単です。

モデルはLenovo ideapad 110 - 80UD00RUJP - エボニーブラックが50544円。
Lenovo ideapad 110 - 80UD00MBJP - エボニーブラックが60,480円。
Lenovo ideapad 110 - 80UD00M6JP - エボニーブラックが63,072円。
Lenovo ideapad 110 - 80UD00RTJP - エボニーブラック -
Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービスが
72,576円となっています。

かなりコストパフォーマンスが高い1台なので
自宅用としてだけではなくビジネス用にも便利に使えます。
シンプルで無駄がないデザインはスタイリッシュで持つ人も選びません。

新型ThinkPad X1シリーズ登場

  • 投稿日:

人気シリーズThinkPad X1シリーズの2017年モデルが発表になりました。
14インチのディスプレイを装備していて、重量わすが1.14kgで厚さ16ミリを実現した
2017年の新型ThinkPad X1シリーズですが、軽量化の秘密はカーボンファイバーを
4層重ねて使用することで強化し、マグネシウム合金も随所に配置していることから
軽量化しつつも強度を増した筐体となっています。

今回のモデルはモバイル性能を向上させるために軽量化と強靭化の両方を実現し、
なおかつバッテリー性能を大幅アップしました。
たったの1時間でバッテリーの80%を充電できる高速充電を実現しているほか、
ワイヤレス通信にLTEが選択できるのでWi-Fiに頼らないデータ通信が可能です。

またワイヤレス機能の一つとして、外付けキーボード、マウス、ディスプレイに
自動で接続可能なThinkPad WiGigを搭載しています。
そのため、外出先でデスクや会議室にあるモニターなどに、ワイヤレスで自動接続し
プレゼンテーションすることも可能なのです。

モバイル性能が大幅に向上しているThinkPad X1シリーズですが、
見た目やインターフェースについてはこれまでのThinkPadを踏襲しており、
ThinkPadファンの期待を裏切らないものとなっています。

新型ThinkPad X1はスペックを見ているだけでもワクワクが止まらない!
そんな最新モデルとなっています。
昔、新機種が出た時にワクワクしたあの感じを思い出させてくれました。