レノボのノートパソコンの中でも高性能グラフィックにこだわり、
モバイルユーザー向けのミドルクラスはThinkPad T480sで決まりです。
軽量、薄型モデルなのはもちろんですが、急速充電機能があるため
長時間のバッテリー稼働が可能になりました。

また、セキュリティ面を強化するための安全作業環境を実現しています。
高画質だけでなく高音質の実現も目指しているのがThinkPad T480sの特徴です。

それでは、ThinkPad T480sの具体的な特徴を見てみましょう。

モバイル性能が上がっているので持ち運びする機会が増えるわけですが、
そうなると気になるのがセキュリティ面です。
ThinkPad T480sは指紋認証を完備しており、Webカメラも開閉シャッターがついているので
つかわない時は隠すことができます。

また、無料wi-fiのセキュリティが不安という人には、LTEを装備していますので
wi-fiに頼ることなくインターネット接続することができます。

当然、性能面もかなりグレードが高く、CPUはIntelの最新第8世代を選択できる他、
メモリは最大で24GBまで搭載可能です。
長時間のバッテリー稼働が可能で、バッテリーが消耗してしまっても急速充電機能で
80%まで約1時間で充電することができます。

液晶は14型を搭載していて、高解像度の動画表示を可能としたハイレベルの
ディスプレイ環境となっています。

ビジネス向けのノートパソコンは色々なメーカーから発売されていますが、
Lenovoからもビジネスの生産性を最大化すべく開発されたスタンダードノートがあります。
機種名はThinkPad E580で、パワフルな性能と耐久性およびセキュリティ機能に優れ、
モバイル性能を向上させたビジネスに最適なマシンです。

モデルは以下の4つがラインアップされています。
スタンダード、スタンダードプロ、パフォーマンス、プレミアムです。
それぞれスペックが異なっていますので、シーンに合わせて
モデルを選ぶことができるのも嬉しいポイントでしょう。

価格はそれぞれ割引後、¥58,277、¥71,280、¥74,898、¥111,164
となっており、低下はそれぞれ2万円以上のプラスとなりますので、
割引クーポンが適用できるセール中の購入がオススメです。

ビジネスで使用する以上はセキュリティ面を万全にしなければなりません。
モバイルになると盗難や紛失によって情報流出のリスクが高くなるため、
それらを予防するための処置が必要になります。
具体的にはデータ、パスワードなどをBitlockerと連携することで暗号化し、
指紋センサーでログインする可能にする機能が組み込まれています。

ディスプレイはどのモデルも15.6インチとなっていて、ビジネスで作業するのに
支障が出ない大きさとなっています。
大きすぎると持ち運びに不便ですし、小さすぎると仕事に支障がでますので
15.6インチはベストな大きさと言えるでしょう。