コスパ最高のThinkCentre M600 Tiny!

  • 投稿日:

レノボのデスクトップシリーズの中でも、筐体が小さい省スペースで
コスパが非常に高いモデルと言えば、ThinkCentre M600 Tinyでしょう。
レノボ直販モデルと販売代理店モデルに分かれていて、それぞれ2モデルずつ
合計4モデルあります。

割引適用後の価格でそれぞれ、39150円、41656円、56700円、61020円
となっており、前者二つが直販モデル、後者が販売代理店モデルとなっています。
販売代理店モデルがすこし高めになっているのは、Windows10のPRO OSを選択可能だからです。
直販モデルのストレージは128GB SSDですが、販売代理店モデルは500GB HDDとなっており
基本構成も直販と代理店では違いがあります。

全てもモデルでカスタマイズが可能となっていますので、強化したい部分や
落したい部分を選ぶことができます。
なお、本体にはディスプレイが付属していませんので、ディスプレイが無いという人は
付属品で2万円程度のディスプレイを追加することができます。

ノートパソコンではなくデスクトップパソコンを探しているけど、
場所を取らずにそこそこのスペックのものが欲しいという人に、ThinkCentre M600 Tinyは
オススメのモデルと言えるでしょう。
デスクトップならではのマルチディスプレイにも対応していますので、
複数画面で作業したい人やサブとして使いたい方のニーズも十分にカバーしています。
まずは、ベースのスペックを確認した上で、自分なりにカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。