Lenovo V310でビジネスシーンを充実

  • 投稿日:

Lenovo V310はレノボがビジネス向けに販売しているモデルで、
モバイル性能はもちろん各種インターフェースから、ワイヤレス環境まで
当たり前のように装備しています。

ストレージへの書き込みを高速にするため、SSDを採用していますし
本体は会議などでも見やすく扱えるように180℃フラットにすることもできます。
当然、Windows10なのでタッチ操作もできますので、使いやすさは
今まで以上に向上しています。

同じようなモデルのノートパソコンはいくつかありますが、
Lenovo V310は標準でメモリを8GB積んでいることで、CPUからの命令を
より快適にストレスなく処理できるようになっています。
CPUはインテルCorei5-7200Uで第7世代のプロセッサファミリーです。
また、CPUだけでなく、バッテリー性能も他のモデルに比べると高くなっています。

標準の販売価格は10万8000円ですが、6月末時点で4万円以上の割引があり
64800円での発売となっています。
もちろん、税込、送料無料の価格なのでオプションで追加しない限り、
この価格のままとなります。

ただしOfficeはインストールされていませんので、必要な場合は購入するか
無料のOpenOfficeを選択することになります。
ビジネスで使用する場合は、どうしてもOfficeが必要になりますので、
そのあたりは慎重に判断しなければなりません。

割引額が4万円を超えていますので、Officeを同時購入しても
10万円には到達しない価格になるのではないでしょうか。