Extremeという名前を持つマシン ThinkPad X1 Extreme

  • 投稿日:

数あるレノボのマシンの中でExtremeの名前を持つのは、ThinkPad X1 Extremeだけでしょう。
Extremeという名前を持つマシンなだけに、素晴らしい性能を誇るモデルになっています。
高いグラフィックス性能はもちろん、モバイル性能を両立したモデルで
第8世代CPUであるインテルCoreプロセッサーを搭載しています。

ハイスペックにも関わらず、軽量化も追及しているところがThinkPad X1 Extremeの
最大の特徴と言っても良いでしょう。
また、ディスプレイは15.6型 4K UHDを採用していて、マルチタッチに対応しています。
10億色以上再現が可能な10ビットカラー対応により圧倒的な描写性能であり、
詳細な映像を楽しむこともできます。

なお、ThinkPad X1 ExtremeはCortanaも実装しているため、
離れた場所からでも音声で指示を出すことが可能です。
360度の遠距離に対応する高感度マイクが内臓されていることが、
音声操作を可能にしています。

生産性を高めるという意味では、もはやタッチタイプだけでは限界があるため
音声で指示を出すことによってデバイス起動できることで生産性の向上が約束されます。
ちょっと思いついたことをパソコンに向かってしゃべるだけでも、
業務が効率的になり生産性が高まるという結果が生まれるでしょう。

ThinkPad X1 Extremeはレノボ直販サイトで購入できますが、価格は安くありません。
クーポンなどの割引を適用してもベース価格が20万円を超えてきますので、
カスタマイズすることで更に高額になるでしょう。