オールインワンデスクトップのThinkCentre M920z

  • 投稿日:

デスクトップといえばタワー型、ミニタワー型が一般的ですが、
ディスプレイと本体が一体化したオールインワン型もあります。
オールインワンの大きなメリットは省スペースであることで、
デスクトップの高スペックを実現しつつ不要な配線などを除去できます。

今回はLenovoのオールインワンの中でもハイパフォーマンスを実現した、
ThinkCentre M920zを紹介します。

キーボードパワーオン機能があり、電源をキーボードから入れられます。
ビデオ会議に最適化されたWebカメラに、ディスプレイはブルーライトを抑えて
目の負担を軽減してくれるLow BlueLight Modeが搭載されています。
ビジネスシーンでも使用できるように、高い信頼性と耐久性を実現しており
ライフサイクルは十分確保できているといえるでしょう。

ThinkCentre M920zは3つのモデルがあり、それぞれ以下のスペックです。
用途に応じてスペックを選択でき、尚且つカスタマイズできるので
自分好みのオールインワンが作れてしまいます。

【スタンダードモデル】
販売価格:¥137,160税込・送料無料
CPU:インテルCorei3-8100(3.60GHz, 6MB)
OS:Windows 10 Home 64bit
メモリ:4GB PC4-21300 DDR4 SODIMM
ストレージ:500GB

【スタンダード 高速キャッシュ搭載<100台限定>】
販売価格:¥182,520税込・送料無料
CPU:インテルCorei5-8400(2.80GHz, 9MB)
OS:Windows 10 Home 64bit
メモリ:8GB PC4-21300 DDR4 SODIMM
ストレージ:128GB ソリッドステートドライブ

【パフォーマンス<マルチ・タッチ対応>】
販売価格:¥186,840税込・送料無料
CPU:インテルCorei5-8400(2.80GHz, 9MB)
OS:Windows 10 Home 64bit
メモリ:8GB PC4-21300 DDR4 SODIMM
ストレージ:1TB